自宅以外で荷物を受け取れるサービスが便利

時間や場所を気にしない?最近の宅配便の便利な受け取り方法

>

日中不在がち、でも何できるだけ早く受け取れるようにしたい!

郵便局で受け取る

日本郵便の再配達の場合、最寄りの郵便局や職場への転送をすることができます。
郵便局は全国に2万4000か所あるため、自宅以外にも職場の近くや最寄り駅の近くなどを受け取り場所として選択することができます。例えば長期間の旅行中に旅行先の郵便局でも受け取り可能です。
夜間に荷物を受け取る場合には、夜間営業をしているゆうゆう窓口のある郵便局を指定しなくてはいけません。
注意したいのは直接郵便局留めとする場合で、賞味期限があるものや保管できないもの、要冷蔵のものは保冷ができない郵便局もあるため、このようなものは郵便局留めには不向きです。
また、局留めの郵便局から荷物が届いたことの連絡は入らないため、自分で追跡サービスを利用するなどの確認が必要です。
追跡番号がないような定型・定型外郵便は発送後数日で郵便局に届くため、郵便日数検索で大体の日数を調べて郵便局へ行くようにしましょう。

ヤマト運輸や佐川急便の営業所で受け取る

営業所で受け取る場合、ヤマト運輸はクロネコメンバーズに登録しておくことで事前に荷物が届いたことを知らせてもらえます。
ヤマト運輸では指定の営業所の郵便番号、住所、営業所名を書くだけで利用できます。
佐川急便の場合、WEBトータルサポートに登録することで、配達予定通知メールサービスを利用することができます。
佐川急便の営業所留めを利用するには、営業所受取サービスステッカーが必要になります。ここに希望する営業所の名前を記載するだけで届けてもらえます。
どちらも利用は無料です。
営業所の場合、サテライト店と呼ばれる小さな営業所では営業所受取を行っていないところがあります。このような場合は受け取りができないため、利用できる営業所を事前に調べるようにしましょう。


この記事をシェアする